土橋の理念・プロフィール

事務所紹介

近年開発が進む松本市平田にございます。

JR平田駅から徒歩5分と近く、国道19号から一歩入れば住宅地となっており、思ったより静かな環境です。

堅苦しさを一切排除した「事務所らしくない事務所」ですので、落ち着いてご相談いただけます。

業務理念

1.依頼者の方と同じ目線で

私ども資格者は、ともすれば「先生」という言葉に踊らされがちです。そう呼ばれることに慣れた時、自分の能力を過信したり、依頼者の方に高圧的な接し方をしてしまいがちです。

私は、常に「自分が依頼者であったら」と自らに置き換え、気持ちよくご相談いただけるよう努めています。

2.充分な情報提供・説明

医療事故等の問題でインフォームド・コンセント(説明と合意)がクローズアップされたことがありました。文字どおり、専門家はその知識・経験に基づいて相手に充分な説明をし、合意を得たうえで処理を進めていくことです。

依頼者の方の多くは、普段法律を意識することなどなく、私どもとは情報量に大きな差があります。その差を埋め、依頼者の方の自由な意思でお決めいただくため、ご説明にはできうる限り時間を取るようにしています。「こんなはずではなかった」というお気持ちになることがないよう、考えられるパターンを過去の経験等に照らしながらお話しいたします。手続で例えれば、長所・短所、リスク・リターン、それに伴う経費、相手の出方などです。

それらを説明させていただいた後、依頼者の方にご判断いただくというのが私のスタンスです(自己決定権の尊重)。

お勧めする方法が必ずしも最善のものとは限りません。あなたのお考えもしっかりお聞かせください。


3.信頼関係の構築

依頼者の方にとって、私ども専門家に相談をするということは、とても思い切ったことです。極端に申し上げれば、依頼するかしないかで「人生が変わる」ということもあるかと思います。

ご自身にとって重要な局面を私どもに任されるわけですから、強固な信頼関係がなければなりません。これにはお互いの努力が必要です。私も最良の結果を目指して取り組みます。あなたもそれが得られるよう、書類を集めていただくなど、様々にご協力いただきます。その積み重ねが何よりも重要なことと考えます。

また、些細なことであっても事件解決の糸口になったということもあります。不安に思うこと、その他どんなことでもお話しください。

プロフィール

司法書士 土橋秀俊(つちはしひでとし)写真
司法書士 土橋 秀俊(つちはし ひでとし)
身長 164cm
体重 56kg
趣味 読書、ドライブ
好きなマンガ キン肉マン
好きな野球チーム 阪神タイガース

略歴

1978年 長野県松本市生まれ
1997年 長野県松本深志高等学校卒業
→ マイペースな学生生活でした。
2001年 司法書士試験合格
→ 満23歳となった翌日付での合格。
2003年 土橋司法書士事務所開設(松本市双葉)
→ 4月に業務開始。
2004年 簡易裁判所訴訟代理能力認定
→ 裁判の代理ができるようになりました。
2008年 事務所移転(松本市平田東)
→ JR平田駅近くに事務所を移しました。
2013年 開業10周年、ホームページ改訂

役職その他

2005年~2008年度 長野県司法書士会研修所・所員
(関東ブロック司法書士会協議会・新人研修委員兼務)
※この間、新人研修や会員向け倫理研修のチューターも務めました。
※「高校生のための法律教室」講師としての講演もございます。
2008年度 松本青年会議所会員(2010年度理事)
2009年 長野県司法書士会会報編集委員会
2011年~2013年度 同委員会編集長
2011年~2013年度 長野県司法書士政治連盟副会長
2012年度 松本市差別撤廃人権擁護審議会委員
2012年度~ 松本商工会議所会員、松本山雅後援会員

協力関係

  • 松本市/司法書士法律相談の相談員(年2回ほど)
  • NPO法人ユニオンサポートセンター/受託担当司法書士
  • 長野県松本消費生活センター/受託担当司法書士

事務所マークについて

中央部の記号

音楽の演奏記号、「セーニョ」を採用しました。「セーニョ」は、同じく演奏記号である「ダル・セーニョ(D.S. 、dal segno)」と対となっており、「ダル・セーニョ」が付いている部分から「セーニョ」の付いている部分に戻って演奏をする、という規則になっています。

当事務所では債務整理案件を多く手がけていますが、依頼者の皆様が、多くの借金を背負った状態から解放され、負担のない、あるいは負担が少ない状態へ「戻る」よう、願いを「セーニョ」に込めたものです。

黄・青の二色

物事には多くの二面性があります。陰と陽、プラスとマイナス、静と動、天と地、などがわかりやすいでしょう。このデザインでは「光」を黄、「影」を青と見立てて表現しています。華やかに「光」が当たる社会の裏側、私たちの目の届きにくいところにも、光ある限り必ず「影」が存在します。

当事務所は、社会的に充分な恩恵を受けていない方々に対しても、法的サービスをご提供すべく努力していく決意をこの二色で象徴しています。また、報酬のお支払いが困難な方につきましては、法律扶助制度の利用を積極的にお奨めし、依頼者の皆様の権利保護に努めてまいります。

二つの楕円

マークの図形には円ではなく、楕円を使用しております。円も真上からではなく、角度を変えて斜め上から見た場合には、楕円に見えます。このことから、物事についても一面的な見方・考え方をするのではなく、様々な角度から見る、考えることで異なる発想をすることができます。

当事務所においても、ご依頼に対しては多角的に検証し、一つでも多くの解決策をご提示できるよう、研鑚を重ねてまいります。

楕円の重なり

二つの楕円は、左下の部分で交わっています。この「交わり」は、依頼者の皆様と当事務所とが、一つの目的達成に向けて協力していく様子をイメージ化したものです。双方の協力によって信頼関係が形成され、それによりご満足いただける結果が発生するものと確信しております。当事務所は、皆様と共に手を携えて歩みを進めてまいります。

無料相談実施中!

お問い合わせ:0263-50-7735
受付時間 9:00〜17:30

事務所案内
土橋司法書士事務所

司法書士 土橋秀俊

〒399-0014
長野県松本市平田東2-12-2

TEL:0263-50-7735

詳細はこちら
このページの先頭へ戻る